So-net無料ブログ作成
  • ブログをはじめる
  • ログイン
DIY・木工 ブログトップ
前の10件 | -

自宅の火災報知器をDIYで交換した話 [DIY・木工]

戸建て住宅に火災報知器が義務付けられ、我が家では、新築で買った当初から火災報知器が各部屋に設置されていました。
一般的に10年で電池寿命となり、本体も含めた交換が推奨されていますが、利用期間が12年目となり、まだ電池寿命の警告は出ていませんでしたが、そろそろ交換の時期だろうと、DIYで交換してみました。

■設置されていた火災報知器
セコム SM-D0200
2016年設置
CR17450E-R
⇒ お世話になることはなかったのですが、まだ使えそうです。
長い間、お疲れさまでした。

■交換する新火災報知器
ワイヤレス連動の火災報知器を見つけました。
他の部屋で火災が発生した場合でも、無線で連動して知らせてくれます。

Panasonic
SHK6902KP けむり当番 親器+子器セット







煙式住宅用火災警報器 けむり当番 ワイヤレス 子器増設
SHK6420KP







台所
熱式住宅用火災警報器 ねつ当番 ワイヤレス
SHK6620P
⇒ 台所用は熱で検知







始めに親器と子器をペアリングします。
お互いのボタンを押すだけ。非常に簡単。

さて、交換します。
天井が低い部屋は問題ないのですが、高天井の部屋や吹抜けの部屋は困難でした。

一階の吹抜け。
4192018134650.jpg

二階の小窓から手を伸ばせば届きそう。
取扱説明書の通りであれば、壁から60cm離して取り付けてあるはず。
頭の中でシミュレーションして、片手で外すイメージして、いざ出陣。

二階の小窓から、半身乗り出して右手を伸ばす。
ギリギリ届いた!
火災報知器を回転させて外す。
外れた。
しかし、ベースの部分を外すには、固定している木ネジを外す必要がある。
右手にインパクトドライバー、左手は窓枠を持ち体を支えて、右手を伸ばす、、、。
しかし、届かない。どうしてもネジに届かない(泣)。
これ以上、体を乗り出すのは怖い。限界。
4192018135155.jpg

ベースがむき出しだと見映えが悪い。そのままにしておくと、いずれ電池が切れてアラートが鳴る。
そこで、致し方なく、古い火災報知器の電池だけは抜き、外枠は戻しました。
新しい火災報知器は、その手前に。
規定通りではないけれど、無いよりは良いでしょう。
仲良く並びました。
4192018135132.jpg


次に困難を極めたのは、二階の高天井の部屋。
屋根の形に沿って、斜め天井です。
脚立を伸ばして、壁側からアプローチすればできそうです。

天井を見て、これまた頭の中でシミュレーションします。片手で古い火災報知器を外して、新しいものを取り付ける。
4192018134739.jpg

脚立の足元を子供に支えてもらいます。
登っていくと、脚立がユラリユラリ揺れ、一段一段登る度、恐怖が高まって行きます。

ここで誤算。脚立の最上段までは登れない。
支えがない。
さらに、登るにつれ、火災報知器から距離が生まれる。

手を伸ばし、古い火災報知器を回転させて外す。
なんとかできた。
ベースも外す。インパクトドライバーを片手で持ち、木ネジを外す。
木ネジは緩んだ。そのまま外せる!と思ったその瞬間、木ネジが空転。
外れない。ベースはなんとか取れた。

しかし、木ネジには手が届かない(泣)。断念。
脚立の不安定さも相まって、吹抜けの天井以上に困難。
先ほどと同様、新しいものを手前に取り付けます。
4192018134757.jpg

結局、古い火災報知器の木ネジが残ったものの、二階なので見映えは良しとします。
4192018134851.jpg

このくらいがDIYの限界ですね。
業者に依頼したら足場を組むのでしょうが、工賃が高いでしょう。
このくらいで問題なしとします。
全て自己責任です。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

DIYで靴の修理に失敗した結果 [DIY・木工]

同じ靴があったので、無傷だった右側だけ新しい方に交換しました(笑)。
1212018235922.jpg


nice!(7)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

革靴の修理にチャレンジ [DIY・木工]

バイクで転倒して、ズリズリになった革靴。
修理してみました。
1132018234023.jpg


結果は、、、、、
1192018232245.jpg

大失敗(笑)。

滑らかな皮の感じには程遠く、
凸凹になってしまいました。

傷が大きいと難しいです。
片足だけの靴って販売していないかなぁー。

nice!(6)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

東京ガス 給湯器 643エラー発生 [DIY・木工]

築11年、そろそろ故障してもおかしくない状態ですが、
浴室乾燥機BBD-3303ACSK にて、643エラーが発生。
_20171231_003309.JPG

浴室暖房が動かない。
シャワー等は異常はないので、暖房だけ何かあるようだ。
643エラーって何?

さらに、追い焚きも643エラー発生。
床暖房も643エラー。

使えるのはシャワー給湯のみになり、これはマズイと、
慌てて東京ガスに連絡。
休日にもかかわらず、当日対応OK。

ガス給湯器の問題でした。
リンナイの RUFH-K2400SAW2-3 24号の給湯器です。

サービスマンに来ていただき、診ていただきましたが
ガス給湯器 エラーコード 643の原因は、暖房ポンプの故障でした。
10年以上稼働してたら大往生のようです。

一時間ほどで交換完了。
以前と同じように稼働するようになりました。

費用は25千円弱。

部品が15千円もしました。暖房ポンプ U639-047-800
07201815910.jpg

部品代は高額だが、10年円以上前のガス給湯器の部品だと考えれば、こんなものかも。
0720181587.jpg

DIYで自分で交換したら安上がりかも知れませんが、
ガス漏れでも起こして火事にでもなったら、と思うと、さすがに手が出せません。

nice!(10)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

【子供用椅子製作】夏休みに完成させる予定が冬休みになりました [DIY・木工]

本当は夏休みに仕上げる予定でしたが、長雨の影響で延期。
組み立てをこの年始に行いました。

前回の記事は、 こちら(http://nishian.blog.so-net.ne.jp/2017-05-06)


ふるさと納税で頂いたインパクトドライバーが大活躍です。
インパクトドライバーは、やっぱりマキタ。
TD-170D
022018224327.jpg

先に下穴を開けてから、木ネジを撃ち込むのですが、位置がずれないように、クランプを使って固定します。
02201822443.jpg

後からダボで埋めたいと思います。
022018224418.jpg

さらに組み立てします。
ダボ埋め前
022018224455.jpg

ダボ埋め後
022018224533.jpg

ダボでねじ穴を埋めると、見栄えが各段に上がります。

最後に塗料。
愛用は、ワトコオイルのナチュラル色。
022018224553.jpg

1週間程度、乾燥させます。
02201822467.jpg

乾いたら、長く待っている依頼主に発送します。

インパクトドライバーは、やっぱりマキタ。



ワトコオイル(ナチュラル色)




nice!(8)  コメント(2) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

お風呂のお湯が抜けていく。DIYで対応 [DIY・木工]

お湯が抜けていく。
ちょろちょろと、少しずつ。最後に入る人は、なんとお湯がない。
こんな目に遭ったら、イタズラだと思いますよね。

よく見ると、栓の間に微妙に隙間があって、そこから水が漏れている。
DSC_6284.JPG

丸11年。あちこち痛むのは仕方がない。
ネットで調べたら、ボタンプッシュ型の開閉はケーブルがよく壊れるようだ。
しかし、ケーブルは問題なさそう。開閉はできる。

また業者に依頼したら、2万円位かかるだろう。
栓のパッキンがバカになったと推定し、部品を購入しようと思った。
DSC_6283.JPG

見た目は分からない。
8182017212133.jpg

もはや、ギブアップか。。。
栓だけ部品交換しよう。ホームセンターに行こうかと作戦を練る。

最後に、思い付きで、栓を外した状態で、指でおもっきり押してみる。
指で、十字の樹脂の部分を強く押す。
パコット音がして、ほんの少し動いた。
_20170919_065951.JPG


なんと、これで解決。浮かび上がっていただけでした。
ちゃんと閉まらなくなったら、お試しあれ。

nice!(5)  コメント(0) 
共通テーマ:趣味・カルチャー

ふるさと納税でインパクトドライバーの返礼品 [DIY・木工]

DIY人の憧れと言えば、マキタ。
家の建築現場に行くと、職人さんは決まってマキタの電動工具を持っている。
まるでマキタじゃなければ一人前ではないような雰囲気をも感じてしまう。

そんなプロ向けの電動工具を
ふるさと納税で見つけました。こいつはすごい。

岡山県 総社市 (おかやまけん   そうじゃし)



インパクトドライバー
TD170DRGX
1500592181355.jpg

マキタと言えば、この青色。ピンクもあるようです。DIY女子が増えているのかな。
1500592168174.jpg

モードが有ります。
以下マキタのサイトより引用。
●打撃力を4段階に切替え可能
打撃力切替えを従来機の3段階切替えから4段階切替えとしました。これにより、様々な作業シーンに合わせた、 きめ細かな打撃力設定を可能としました。
●楽らくモード
打撃開始までは低速回転し、打撃開始後に自動で最高速まで変速することで、長ネジを締め始める際に起きや すいネジ倒れやビット外れなどの現象を軽減します。

1500592172734.jpg


ふるさと納税の中でも返礼率は高めだと思います。
ただし、需要は少ないかと。
安いお店はバッテリーが2個付属品としてあるかを要確認です。













リビングのサッシに「すだれ」を取付 [DIY・木工]

ホームセンターでサッシに合うサイズの「すだれ」を購入しました。
約200*250cm の大型です。重たいです。
並売していたフックは、いかにも心許ない。
すぐ折れるか、すだれが脱落しそうなほどの強度。
雨戸のシャッターの金属部分に取付できそうですが、強い風でも吹いたらすぐ脱落しますね。



そこで、雨戸のシャッターをよく観察。
ネジがあるね。
これだ!
右端。
DSC_5577.JPG

中央。
DSC_5575.JPG

左端にもネジがある。

早速、部品をホームセンターで次の部品を3つ購入しました。
シルクハットの形をした補助金具です。
八幡ねじ。



過去、ナンバープレートのネジでお世話になった、ネジのトミモリさんは5個セットで扱っています。



雨戸のシャッターのネジを抜いて、
この補助金具を割り込ませます。寄生虫のように。そして、ネジを締めるだけ。片方しか固定できませんが。
DSC_5574.JPG

こんな感じ。隣のプラ部品が割れているのは元から経年劣化のようです。気にしない(笑)。
DSC_5573.JPG

紐で固定します。
DSC_5572.JPG

完成。
_20170507_141711.JPG

少しでも省エネになるかな。

子供用の椅子を製作中 [DIY・木工]

会社の後輩の第一子の誕生日(一歳)に向けて、製作を開始しました。約一年ぶり。
今日は、木取り(部品のカット)まで完了。

最初に墨つけ(鉛筆でカットの線を書く)します。
女の子向けなので、背板と下部のつなぎの2ヶ所にハートのくりぬきをいれます。
DSC_5526.JPG

今回は、テンプレートを使って、トリマーでくりぬきます。
つまり、型取りですね。これまでは、ジグソーで型抜きしていたのですが、毎回ブレがあって、ヤスリで削る作業が大変だったので、昨年作っておいたのです。
ベニア板のテンプレート。木に重ねて使います。
DSC_5528.JPG

トリマーは、先端のビット(写真の黄色の部分)を高速に回転させて、木を削っていく電動工具です。愛用は、リョービ TRE-40
DSC_5539.JPG

先端のビットは、こちら。
コロ付きストレートビット。刃先が高速回転することで木を削ります。
DSC_5541.JPG

「コロ付き」と言うのは、コロコロ転がるという意味で(?)、
ベアリングが付いていて、ベアリングの部分をテンプレートに沿わせることで、同じ形にくりぬきができます。
ベアリングがあるお陰で、テンプレートは削られません。

使い方のコツ。
先端ビットの回転方向が時計回りなため、木材の反時計回りに削っていくのが基本ですが、、つまり、トリマーは左方向に行こうとするのを考慮してです。

ハートのくり抜きは、一周するので難しい?
どっち向き?

時計回りの向きにトリマーを移動させた方が上手でした。
反時計回りだとブレました。
理由を考えたのですが、弧を描くように移動するので、右側と左側では向きが逆になるということなのかしら。
外周の場合は反時計回りに、内周(くり抜き)は、時計回りと覚えておきます。
出来上がり。
DSC_5544.JPG

木材の外枠はジグソーでカットします。PST800PEL (ジグソーはBOSCH)
_20170505_233507.JPG

愛用のドリルドライバー。EZT113P (すでに完了品)
_20170505_233534.JPG


次回に続く(次回は、夏休みかな。。笑)

(紹介した工具)
トリマー TRE-40






コロ付きストレートビット



ジグソー PST800PEL






ドリルドライバー EZT113P (後継 EZ74A1LS2F-H)




IKEA EKET エーケト キャビネット 組み立て [DIY・木工]

IKEAでキャビネットを購入しました。
小学生のランドセルと教科書置き場のために使います。
70x35x70 白色、「903.339.57」 7000円です。
DSC_5402.JPG

エーケト下部フレームは、在庫切れのため、
足伸縮式4ピース を購入しました。500円。これで十分。
DSC_5403.JPG

完成予定図は、こんな感じ。楽天だと少しお高いですね。(送料を考えたら、それなりか。)



さて、組み立て方法です。
添付のマニュアルに沿って対応すれば良いのですが、基本、絵だけの説明になります。
それが逆に分かりにくいと思ってしまうのは私だけか(笑)。

まず、マニュアルの通り、数字の「1」が印刷されている板を探します。
DSC_5405.JPG

これが天板になります。
つまり、天井の板で、一番上の板になります。
この板だけはフックの色が、グレーでした。
DSC_5411.JPG

他は白色。(マニュアルだと、黒く塗りつぶされているので、少し迷います)
DSC_5404.JPG

左側の枠を取り付けます。
左右の違いについては、溝の刻みの位置を合わせれば良いです。
幅が狭い面と広い面の二種類。
DSC_5407.JPG

間違った面では接合できない仕組み。
DSC_5408.JPG

フックを入れる穴は、大きめ→小さめと掘ってあり、大きいの穴に合わせて板のフックを入れて、上から下にはめ込みます。
体重を乗せると良いです。
DSC_5409.JPG

中央の仕切り板を取り付けます。
DSC_5410.JPG

背板のレールに被らないように、しっかりと押し込む。
DSC_5412.JPG

このような状態は、不十分です。
DSC_5418.JPG

これも不十分です。しっかりと体重を乗せて押し込む。
DSC_5419.JPG

次に、右側の板を取り付ける。
DSC_5417.JPG

最後に、背板をレールに沿ってスライドしながら入れる。背板は、2つに折り畳まれています。
DSC_5420.JPG

シールが貼ってある方を外側にしてみました。
恐らくどちらでも大丈夫。
DSC_5425.JPG

背板がぐらぐらしないように、黒いフックで固定します。
DSC_5426.JPG

ここまでは工具が不要です。確かに簡単。

最後に、足の金具を取り付けますが、
木ネジを打ち込む必要があります。
この金具は伸縮式なので、グラグラがたつくことを防げます。

電動ドリルドライバーで、下穴を開けてから、添付の木ネジを打ち込みます。
DSC_5428.JPG

出来上がり。子供達にも手伝ってもらいながら、約30分ぐらいで完成。
_20170424_090725.JPG

いい感じです。

(利用する電動工具)
インパクトドライバーは強すぎて不要ですが、
充電ドリルドライバーは有ると便利です。
マキタがオススメです。






先端工具(ホームセンターで購入できます)




前の10件 | - DIY・木工 ブログトップ